賢者日記

大宇宙の真理を悟り賢者となる事を志す1人の男の日記

賢者ロック教室その1

 

毎日投稿すると豪語しつつも

4か月ぶりの投稿になってしまいました。

 

 

激アツ☆everyday過ぎてブログ書いてる暇がなかった

 

今日からは絶対毎日投稿します。

 

 

と、ゆう訳で

今日から、もはや一般常識とされているロックの歴史を書いていきます。

 

史上最強のロックスターである僕がロック教室を開きます。

時系列的にやっていこうと思います。

 

記念すべき第1回は

 

 

 

 

キングオブロックンロール

 

 

 

エルビスプレスリーです!!

 

f:id:stesal:20170610230838j:image

 

 

ロックを語る上でアメリカ南部の黒人奴隷達がブルースや賛美歌を始めたところを無しにする事は出来ないのですが、僕も言うほど音楽史には詳しく無いしマニアック過ぎて誰も読んでくれないと泣いちゃうのでメジャー所を紹介していきます。

 

エルビス様から入ります。

 

エルビス様といえば国内では

神戸のハーバーランドにあるエルビス像が有名ですね!!

 

 

f:id:stesal:20170610232753j:image

 

僕も直接観に行って写真撮りました

 

一緒に行った元カノと別れた時に写真消したので、この画像はネットから拾ってきた画像ですけどね

 

 

 

 

 

泣けてきた

ブログやめようかな

 

 

 

 

 

 気を取り直して、

エルビス様は1950年代に活躍したミュージシャンかつ俳優です。

俳優としての活躍っぷりは知りません。

 

ミュージシャンとしては、チャックベリーやリトルリチャードと共にロックンロールの創始者と呼ばれるほどのミュージシャンです。

 

 

 

徳川宗家に例えるならば、70年代ロック戦国時代を彩ったLed Zeppelin, Aerosmith, Queen, Black sabbathあたりが吉宗

 

80年代後半から90年代ぐらいのBon Jovi, Guns N' Roses,  Mötley Crüeあたりを家定

とすると

 

エルビス様が家康

 

 

 

全てのロックの生みの親ぁぁぁああああ!!

 

 


そう!!!!!

 


我こそは!!!!!

 

 

 

サンシャイぃぃいいいいいいいいいン!!

 

 

 

エルビス!!!!

みたいな感じです

 

 

 

先にも軽く触れましたが

ロックの元となったブルースは黒人音楽です。

じゃあエルビスは何が凄いの?

って所なんですが、

 

白人からも黒人からも人気を集め社会現象になるほど世界的ヒットを収めたって事ですね。

 

あと、ロックンロールをエンターテイメントにしたって所がかなりデカイっす

 

黒人奴隷達のブルースってのは日々の過酷な労働の中での楽しみとして始まった訳ですが

それを完全にエンターテイメントとして確立して成功したのは多分エルビスが初めて

 

 

あと音楽性とかパフォーマンスも凄かった

最近では派手な演出のステージとか

暴力的な音楽は山ほどありますが、当時は腰を振りまくったり暴力的かつ性的な音楽は無かったらしい

それをエルビスがやっちゃったぁ〜みたいな感じです

もちろん、あまりに反社会的、反教育的、反道徳的なエルビスは迫害の対象になったらしい

けど、ズバ抜けたスター性で若者から熱狂的な支持を集めたらしい。

 

ここからロック=悪みたいな風潮が根付いてるんだろうなぁ〜

 

 

 

 と長々と書きましたが多分間違ってる情報もあります。

雑誌とかで読んだことばっかだし、うろ覚えだし

俺は50年代に生きてねぇ!!

 

とゆう事で第1回ロック教室を終わります。

 

次回も観てね